NEWS

【2018年11月3日】ミャンマー補欠選挙で現政権・野党・少数民族政党の課題が見えた

ニュースの象徴画像

今回の選挙は、2015年の総選挙で圧倒的に勝利したアウンサンスーチー国家顧問が率いるNLD(国民民主連盟)の政権運営に対して、ミャンマー国民の評価が示される選挙として大いに注目を集めました。
 結果は、合計13議席の選挙の内、NLD(国民民主連盟)7議席、USDP(連邦団結発展党)3議席、少数民族政党3議席という結果でした。内容は、前政権の与党であり、党首を交代したUSDPが現政権のNLDの議席を奪い取り、少数民族政党の台頭が目立ちました。

[詳細を見る]